<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

冨田貴史さんを囲んでの茶話会。

5/18(水)
13:00~15:00
「冨田貴史さんを囲んでの茶話会
~大間原発のあるない未来から探るエネルギートーク~」

場所:ふるる函館 メモリアルホール
参加料:500円(ハーブティ付)+任意カンパ
主催・問合せ:ムーンサーカス(トルコ喫茶PazarBazar 83-8606)
メール:pazarbazar@kje.biglobe.ne.jp

e0190058_1940776.jpg
【冨田貴史さんプロフィール】
1976年生まれ。
ドキュメンタリー映画『六ヶ所村ラプソディー』を携えて
少人数で語り合う上映会を全国120か所で開催。
エネルギー、お金、暦の未来について語らうワークショップのファシリテーター。
「エネルギーシフトを考えるデータバンク・プロジェクト」立ち上げメンバー。
ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作に携わる。
ブログ「RadioActive」で情報発信中。
著書『わたしにつながるいのちのために』
冨田さんのブログ


函館から最短で20km(戸井方面)、函館駅からだと30kmあまりに建設されている大間原発。
これからの日本の未来に必要な電気(主に関東へ供給か?)を作り出すために
2014年11月稼働を目指し現在建設中。

原発は安全と言われ続け、起きた福島第一原発事故。

これから作られる大間原発は、安全基準を上げて、慎重に慎重を重ね建設するとは思われる。
それでも、今回の福島の事故がそうであるように、人の考えを超えた事故が待っているかもしれない。

海を越えた向こうに建設される原発のため、関心が低いと思われる道南の人たち。
(実際、国の緊急時防災計画区域から、函館は外れているよう。)
陸続きでないため、向こうの話と思いがちだが、距離はとても近い。

私たちは、この原発ができてどのようなメリットがあり、デメリットや不安があるのだろう。
そして、もし今後のエネルギー政策の方向転換により、大間原発が作られないとしたら、
困ることはあるのだろうか?

フェリーで繋がる大間の人たちと一緒に考えるべきことはないのか?

今後のエネルギーシフトに向けて、自分たちが学ぶべきことは?

自分たちの地域で自給自足なエネルギーを作り出すことは多少でも可能なのか?


「ウランの採掘から核廃棄物の処分までの核の抱える問題」や
「エネルギー政策の影響で起こる地域の問題やそこからの自立」
「核に頼らない未来」などに関して日々学び、語りの場を作り出す『冨田貴史』さんを迎え、
話し合う会を開きたいと思います。

冨田さんのお話しも恐らく沢山あるので、話すのが苦手!な人でも、聞くだけでもとてもためになる会になると思います。
お時間ありましたら、是非お気軽にいらしてください。

ハーブティーでも飲みながら、リラックスして語り合えたらと思います。

お待ちしております。


92
[PR]
by pazarbazar | 2011-05-12 16:45 | Comments(0)

虹の円弧。

わかるかな?
e0190058_10114741.jpge0190058_10112383.jpge0190058_1011828.jpg
e0190058_10113458.jpge0190058_10115956.jpge0190058_10121094.jpg

全ての人がほんの少し優しい気持ちになりますように。

92
[PR]
by pazarbazar | 2011-05-07 10:16 | Comments(0)

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」


映画のHP
函館と大沼にて上映を予定しています。
7/30(土)大沼
7/31(日)函館

詳細は、後日。

この映画の舞台のひとつ、山口県の祝島。
上関原発建設予定地の対岸にある美しい自然に囲まれた島。
祝島の撮影の製作に関わっていた『冨田貴史(トミタ タカフミ)』さんが、函館に来ます。
(映画「六ヶ所村ラプソディー」上映会が縁で過去にも二度、
函館に寄ってくれた際に一緒に茶話会をやりました。)

茶話会・講演会を開きたいと思います。

今回の震災原発事故を踏まえ、これからについて語り合う場を作れればと思います。
冨田さんは、過去・現在・未来を冷静に見つめる方で、
幅広い知識の中から、状況に応じてお話しをしてくれる方なので
肩の力を抜いて、お気軽にご参加願えればと思います。

◆昼の部◆
5/18(水)13:00~15:00
「冨田貴史さんを囲んでの茶話会~大間原発のあるない未来~」

場所:ふるる函館
参加料:500円(ハーブティ付)+任意カンパ
主催・問合せ:ムーンサーカス(トルコ喫茶PazarBazar 83-8606)

◆夜の部◆
5/18(水)18:30~20:00
『エネルギーと暮らしのお話 』~れからどうする?!私たちの暮らし・・・
3月11日の東日本大震災から、約2ヶ月。津波や福島原発事故が伝えられる中、これからの時代をどう生きるのか?子どもたち、そして未来の世代へと受け継ぐ世界を考える

場所:大沼ポロトポント(七飯町字大沼町502番地1)
入場:無料
主催:財団法人 北海道国際交流センター(HIF)
共催:大沼親交会
連絡先:財団法人 北海道国際交流センター(HIF) TEL 22-0770 ikeda@hif.or.jp
HIFのHP

e0190058_1940776.jpg
【冨田貴史さんプロフィール】
ドキュメンタリー映画『六ヶ所村ラプソディー』を携えて
少人数で語り合う上映会を全国120か所で開催。
エネルギー、お金、暦の未来について語らうワークショップのファシリテーター。
「エネルギーシフトを考えるデータバンク・プロジェクト」立ち上げメンバー。
ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作に携わる。
ブログ「RadioActive」で情報発信中。
著書『わたしにつながるいのちのために』
冨田さんのブログ


~お願い~
今回の会の宣伝をする時間が少ないため、できたら転載等での宣伝
ご協力お願い致します。

92
[PR]
by pazarbazar | 2011-05-04 21:53 | Comments(0)

丸子(まりこ)紅茶。

先日、お土産でいただいた静岡紅茶。
彼のおじさんが作ってるという紅茶は、有名な和紅茶『丸子紅茶』でした。
e0190058_17225840.jpg

淹れると美しい赤茶色に。
インドアッサム種が源流の品種「べにふうき」を生産者の村松二六さんが、
時間をかけて復活させた茶葉だそう。
かなり、美味しいです。
どっしりした苦味・コクを包むやわらかい甘み。

今日は、朝から三杯も飲みました。

幸せ。

ヒロシくんありがとう~。

92
[PR]
by pazarbazar | 2011-05-04 17:35 | Comments(0)

『cafe+bar ilha』

先日、大阪市西区新町にある『cafe+bar ilha』さんが、4年の営業をもって閉店した。
おがやん、さっちん本当におつかれさまでした。
そしてありがとう。
二人からの励ましが店作りのときの支えでした。


二人との出会いは一昨年。


嫁が、気に入っている美術館そばの中華屋の『中華キッチンあじたか 』さん
(どのメニューも丁寧で絶品。ピカソラーメンやゴッホ丼と名付けられた個性的なメニューも。
大オススメ店です!)

そのとき僕らは、廃材の有効利用で悩んでいた。
嫁が、たまたまあじたかさんのカウンターで見た雑誌カフェスイーツの特集。
それは、豊川忠宏さんという木工作家が作った店舗の内装の特集でした。
通称『とよやん』。
劇団維新派や映画の美術をやっていたとよやんの発想力は豊か。自由。
きちっとした店舗内装とは真逆の遊び心に満ちた設計。
廃材や古いものをリユースしたぬくもり。
嫁は夢中で、その記事を見ていた。

そこで、あじたかのマスターが
「そいつ、おれの友達なんだ」
「え!!」


次の機会に僕も一緒にあじたかさんに行ったときには、すぐにとよやんに直接連絡を取ってくれた。


そして、僕たちは大阪の地を訪れていた。


そのときは、頭の中はお店をどう作るかでいっぱいで、
夢中で、導かれるまま行動していた。

とよやんに会う前に、最初に訪れたのがilhaさんだった。
街中だけど、大通りから入った路地で
素敵な雑貨屋や古いお店がポツポツある地域で、
楽しんで歩いてたらすぐに見つかった。
緑がたくさんで、雑誌で感じた豊川建築の手作り感が伝わる雰囲気で
すぐにわかった。
店内も落ち着いた優しい空気感で、おいしくランチをいただき、
そのあと、おがやんとさっちんに話しかけたら、
「そういえばとよやんから聞いてたよ。」と気さくに話してくれ、
お店を作ったときの話を色々してくれた。

とよやんは、基本的にお店をやる人にまず率先して大工仕事をしてもらうとのことで
(予算も浮くし、自らの手を入れることで店に対する思いが深くなるとの理由)
ilhaの二人も苦労しながら楽しんでやった大工話しを色々聞いた。
タイル貼りや漆喰塗りや床はがしやら。
イスが足りないまま、営業を始めた話しやら。

「なんとかなるから」
「わたしらでもできたから、大丈夫」

実際に素敵に営業している店で聞いたその言葉に、そのあと僕らは救われた。
つらい時も、きっときっとなんとかなると。

結局、とよやんとはスケジュールが合わず、自分たちと函館の友人たちで店作りをしたのだが、
とよやんに会って、ilhaの二人に会って、
大きな力をもらえた。
(ちなみに、とよやんに会って連れて行ってもらったお店の数々。
どこも素敵でした。
ワヲン→そば切りからに→バーかもめ→バー立山→
現場→カフェサルンポワック→宮出珈琲→ギャラリー草)


大阪まで行ってお願いしてなんて無理な話と決め付けてたら、この出会いはなかった。
でも、ポーンと勢いで行動して、そのおかげで縁ができて。

ilhaさんはお店をオープンした時には、サボテンの玉翁と小町をわざわざ送ってくれました。
今でも、サボテンたちは元気です。
e0190058_16391628.jpg

↓花が咲いたとき
e0190058_1640560.jpg


4年間お疲れ様です。
そして、二人が営業している店に出会えてありがとう。
またどこかで。



イリアさんのHP
イリアさんが当時ブログに僕らのことを書いてくれました
豊川さんのHP
豊川さんたちの新しいスペースのHP
[PR]
by pazarbazar | 2011-05-04 16:54 | Comments(2)

今週の予定

【お知らせをいくつか】
〇本日5月1日(日)は、山口洋/細海魚「SPEECHLESS」TOUR FINAL
at 函館山ロープウェイ山頂 イベントホール 「クレモナ」です。
申し訳ございませんが、15:00にてCLOSEとさせて頂きます。
山口洋/細海魚「SPEECHLESS」TOUR FINAL詳細

〇5月3日(火)は、新月営業となり。18:00~24:00となります。

〇5月4日(水)は、定休日ですがGW中ということで営業致します。
振替で、5月10日(火)はお休みとさせて頂きます。

営業が一部変則となり、ご迷惑をおかけ致します。
ご了承下さい。

92
[PR]
by pazarbazar | 2011-05-01 07:44 | Comments(0)