<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

出会い、別れ、出会い。

子供が生まれたり、家族の生き方を考えたり、環境が変化して心も変化したりで、
自分たちも周りの友人たちも同じように住む場所のことで悩んでたりする。


これからを生きていくために、自分たちに合った物件と巡り会う。


すっと巡り会う人もいれば、なかなかこれが縁が結ばれないことも。



こればっかりは気ままに待つしか無いとは言っても、
待つのもなかなか大変。


ちょいと味のある物件情報、あれば是非パザールバザールまで!


賃貸でも売買でも!


92


気に入ったけど縁がなかった物件の写真。
夢を見させてくれてありがとう!


e0190058_21331381.jpg
e0190058_21324382.jpg

e0190058_21341033.jpg

e0190058_2134384.jpg

e0190058_2135090.jpg

e0190058_21334759.jpg

[PR]
by pazarbazar | 2013-10-27 21:39 | Comments(3)

「茜染めワーク」と「暦と季節の過ごし方のお話し」。

e0190058_17194519.jpg


訪れるたびに、振り幅の広さが増すのを感じるさせてくれる冨田貴史さん。


前回六月の来函に続き、今回は十一月に再びです。


前回は「地球歴」という暦のワーク。
元々あった旧暦や今使っているグレゴリオ暦の歴史、仕組み、意味、使い方について
ひとつひとつ、紐解いていくお話で、そこを学んだ上で
地球歴という新たな暦を使ってみようというワークでした。

参加したひとたちの反応もとても良かったです。


今回は二日間。
11/20水曜日は「茜染めワークショップ」
11/21木曜日は「暦と季節の過ごし方のお話し」


今年春、冨田さんは、大阪中津にて養生のための衣食を自給する冨貴工房オープン。
茜染め、麻褌作り、鉄火味噌作りなどを工房で行ったり、各地でお話も交えて
ワークショップを開催しています。


茜(赤根)は、漢方として使われる程薬用効果も高い植物です。
保温作用が高く浄血や造血など血液にまつわる薬効があることから、
古来より女性に有効な植物として重宝されてきました。


昔、人々は日々の暮らしの中で、薬効を忍ばせた布を纏い、
肌から薬効を吸収することで体の調子が整えていたとか。


今回は水曜日の夜に
ゆっくりと時間をかけて、お話ししながら茜染めのワークをしたいと思います。



木曜日は、前回の暦の話しがとても良かったので、
もう一度復習も兼ねながら、暦のお話から暦による季節の捉え方、
そしてその季節のリズムをどのように自然な形で過ごしていけるかについて
陰陽五行の考え方も交えながらお話してもらえたらと思っています。


季節の波の激しい北海道で、無理な力を加えず、自然とからだを整えていくことは
とても大切なことだと思います。


両日ともにお楽しみに。


両日定員10名です。
ご予約は、pazarbazar@kje.biglobe.ne.jpまで。


嫁は、冨田さんに服の染め直しを依頼し、その模様が
冨田さんのブログにアップされています。
こちら



◉「茜染めワークショップ」at PazarBazar
11/20(水)18:00OPEN/19:00START
18:00~準備(染液作り)
19:00~お話(茜の薬効、草木染めの意義、染め方の説明)
19:30~ 作業(絞り、模様付け)
20:00~ みょうばん媒染
21:30~ 茜染め
22:00 染め終了(すすぎ、干し)、感想~締めの話

【参加費】
3000円(材料費→茜、みょうばん、ヘンプコットン手ぬぐい用生地&講師料)
+会場費500円(お茶付き)
+希望の方は「夕ごはんset」 800円(前日までに予約要)


◉「暦と季節の過ごし方のお話し」at PazarBazar
11/21(木)18:00 OPEN/19:00 START
19:00-21:00

【参加費】
1500円(講師料)
+会場費500円(お茶付き)
+希望の方は「夕ごはんset」 800円(前日までに予約要)



[冨田貴史プロフィール]
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/blog/
京都在住。全国各地で年間300本以上のイベント・ワークショップを続けている。ワークショップのテーマは暦、エネルギー、手仕事(茜染め、麻褌、鉄火味噌など)、自家発電など。『母笑み疎開保養大作戦~海旅Camp』共同代表。2013年春、大阪中津にて養生のための衣食を自給する冨貴工房オープン。著書「わたしにつながるいのちのために」、「今、わたしにできること~目に見えないものをみつめて生きていく~」ほか
e0190058_1719287.jpg

[PR]
by pazarbazar | 2013-10-09 17:37 | Comments(0)

あさこはうす情報。

最近は、ニュースでも大間原発のことを取り上げられる機会が少ないようです。
状況はどうなっているのでしょう?

そんな中、僕は行けていませんが、先月友人たちが函館から大間に渡り、
大間原発の敷地内にある「あさこはうす」のソーラー発電の修繕に
行ったようです。

各地から有志の人が訪れては、できることをやって帰るという流れが少しずつ
できているようで、建物の修繕・塗装や鶏小屋の建築、畑の整備など
少しずつ進んでいると聞きました。

ソーラー修繕部隊もばっちり仕事が進んだようで、安定した発電が出来ており、
必要なところに灯りも増えたよう。


函館から、ふらりと訪れる人が増えればいいなと思っています。

あさこはうすを、大間町を訪れて、感じる事あると思います。
是非、フェリーに乗って、ふらり大間へ。

あさこはうすは、ますます過ごしやすくなっているようですよ!


あさこはうすの記事
あさこはうす基金のホームページ

e0190058_15123169.jpg

e0190058_15124759.jpg

e0190058_15125817.jpg

[PR]
by pazarbazar | 2013-10-09 15:13 | Comments(0)

It's a new moon day.

e0190058_92292.jpg


暈(かさ、halo、ハロー、ハロ、ヘイロー)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。
特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、月の周りに現れたものは月暈(つきがさ、げつうん)という。
虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいう。


おはようございます。

本日、新月にてカレーの日です。

朝からハロー。
[PR]
by pazarbazar | 2013-10-05 09:23 | Comments(2)

小椋穂澄1stソロアルバム。

e0190058_15552618.jpg


2011年7月にふるる函館で行った「月立祭」。
ワークショップの数々、「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映、
そして「えま&慧奏ライブwith 小椋"HOZU"穂澄&能登部幸一」

そのHOZUさんの奏でるアフリカンハープのコラの響きに聴き惚れた方も多かったと思います。

縁あって出会った、HOZUさんと奥さんのイロハナ(旧トランキュラン)さん。

ここでの出会いから、えまさんたちとHOZUさんは共に演奏する機会が増えたとのこと。
嬉しいなぁ。

当時、移住先を探して北海道にも来てくれたHOZUさんたちは今は宮崎に移住。

新しい家族にも恵まれ宮崎で暮らし、そして想いを詰め込んだ
はじめてのソロアルバムが出来ましたとの連絡。


ジャケットはもちろんイロハナさん。
優しい優しい絵です。

アルバム「環の中」
コラにギターにHOZUさんの唄。

まっすぐな想いが、心地よい温度で、美しい音と共に伝わってきます。
ゲストには、天草の上田耕平もギターで参加!

PazarBazarとネハナにて取り扱い。
全7曲、1500円。

オススメです。
PazarBazarで視聴もできますよ。

僕は4曲目の「響き愛」がとっても好きです。

http://hozumiogura.blogspot.jp/
[PR]
by pazarbazar | 2013-10-04 16:18 | Comments(0)