<   2013年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お知らせ。

こんにちは。朋佳です。

もうすぐ3月ですね。

3月は、パザールバザールは変則的な営業時間になっています。

◎月〜木・日曜日…only lunch12:00-15:00(L.O14:30)

◎金・土…lunchtime 12:00-15:00(L.O14:30)
     dinnertime 18:00-21:00(L.O20:30)

◎定休日 水曜・第三火曜


つまり。

夜営業日が金・土曜日と、3月12日新月●のみになります。

(※27日の満月は定休日となります)

というのも、

お店を始める前から勉強したかったことがあり、東日本大震災以降その想いはさらに膨らみ、

このたび、私一人、渡印させていただくことになりました。

店主の許可も頂き、3月いっぱいまでの時間を頂きました。

心好く、見送ってくれる店主や家族や友達には本当に感謝・・




お店は、店主一人の営業となり、もしかしたらお料理やドリンクをお出しするのに、

時間がかかってしまうかもしれません。

どうぞご理解の上、ご来店いただけると、嬉しく思います。(ボランティア大歓迎)

私はまた、31日にはお店に立っていますので、よかったら遊びにいらしてくださいね。

どうぞ宜しくお願い致します。

4月1日から通常営業となります。




朋佳
[PR]
by pazarbazar | 2013-02-27 10:49 | Comments(0)

○明日は満月○

明日は、満月営業となります。

ひよこ豆、えりんぎ、人参、じゃがいも…etcが入った冬の野菜お月さまカレーを、

食べにいらしてくださいね。

寒い冬の凛とはっている空気には、

はっきりとまんまるお月さまが浮かび上がり、とても綺麗な満月になりそうですね。


この日は、営業時間が少しだけ長くなりますので、

ごゆっくりとお過ごしいただけます。

2/26(火)○満月○
lunchtime 12:00-15:00(14:30L.O)
dinnertime18:00-23:00(L.O22:30)

tomo
[PR]
by pazarbazar | 2013-02-25 21:37 | Comments(0)

本日、昼営業は貸切。

おはようございます。

本日の昼営業は貸切となっております。
ご了承ください。

なお、夜は通常通りの営業となっております。

それにしても雪降るなぁ。

92
[PR]
by pazarbazar | 2013-02-24 07:50 | Comments(0)

2/19-2/20大間滞在記。

函館からフェリーで1時間40分。
二等席は往復で4180円。

4月から、新しい船に変わるフェリーは相変わらず空いていた。
体を伸ばして広々くつろげる。


海風が強く、吹雪く冬の大間は、函館の凍てつく冬よりもっと厳しい自然の力を
感じるものだった。


今回の目的は、
大間原発の敷地内にある土地に建つログハウス「あさこはうす」の修繕と雑用。
そして、大間の町中探索。


フェリー乗り場から「あさこはうす」までは車があればすぐだけど、
歩くと原発の敷地をぐるっと回っていくし、
今回は雪道なので30分は歩く。
(春になったら、函館で使ってない自転車を集めて、持っていけたらなと計画中。)


雪のためにいつもは通っている監視員や郵便局の方も歩いていないのか
フェンスに囲まれた道は雪がしっかり積もっていた。
◎歩きながら撮った写真

e0190058_17224843.jpg


「あさこはうす」は、あさこばあちゃんが亡くなってから
そのままだったが、昨年から娘の厚子さんが
「やっぱりなんとかここは守っていかなくては」という想いが強くなり、
全国の多くの方にあさこばあちゃんのことを伝え歩き、
そして手伝ってくれる有志の方の協力を得ながら、
この場所を沢山の人たちが笑顔で過ごせる場所にと願い、奮闘している。
◎厚子さんのお話から描いた絵と文


ここでは現在の持ち主の厚子さんが願う想いを尊重しながら、
「自主的にできることをできる人がやっている。」のが現状です。

e0190058_17235120.jpg


春になったら、また多くの人たちがあちこちからやってきては
できることをやっていく、きっとそうなるのではないでしょうか。


畑をしたり、花を植えたり、塞き止まった池に水を戻す…etcという
これからのビジョンのために
今は出来る片付けをしたり、建物や防風板の修繕をしたり、
見たり聞いたりしたことを誰かに伝えたり。


これまでに有志の方が付けてくれた、撒きストーブや修繕したソーラー発電
(風力発電もあります)システム、拡張したログハウスで快適な時を過ごせるあさこはうす。

e0190058_17242166.jpg


でも、夜に風の音で目覚め外のトイレに向かうと
静まり返った星だらけの夜空と不気味にそびえている工事クレーンが
なんとも言えない気持ちを呼び起こす。


莫大なエネルギーを生み出す原子力発電所と
手作りの小さな「あさこはうす」が
競い合って並び建ったとしても何の意味も無い。と僕は思う。

どちらかが勝ったとか負けたとかいう話しでもない。



みんなにとって、どのような形が幸せなのか
焦らず、ゆっくり考える事。

それだけが答えだと僕は思う。




朝もずっと雪降る「あさこはうす」で目覚め、
今回は、大間の町中へ。

古い建物の役場や病院、神社やお寺を眺めながら商店街へと続く道をひたすら歩く。

e0190058_17264575.png


今は閑散としている商店街も
10月のマグロ祭りの時は1万人近くの人で賑わう。

大間町の人口も20数年前までは、1万人を越えていたが
今は約6000人。
商店街も当時はもっと沢山の店や人で賑わっていたという。

e0190058_17275736.jpg


現在のマグロ漁師は約200人、マグロ専門でやってる人もいれば、ウニやホタテもやる人もいる。
マグロ以外の漁師も多く、農家や酪農家は少ない。
まさに漁師の町。
30代のマグロ漁師も増えていると聞く。
出稼ぎも多いらしい。


そんな商店街を歩き、食堂でごはんを食べ、町の人と話しをしてみる。

町では、ノースウェーブ(北海道のFM)もかかっているし
テレビにはHBC(北海道のTV)が映っていた。

当然、函館版のニュースも流れているから見ている。



ある人は言った。
「函館の病院に行って、「大間からお越しの」と言われると冷たい視線を感じる。
それを看護婦さんに伝えたら、次回からは「青森からお越しの」に変えてくれた」と。

自分たちが、大間、大間と言ってることがそのような気持ちにさせている。


ある人は言った。
「福島の事故が起こるまでは、正直何も考えなかったが、今は「本音はこわい」って思ってる。
でも、そういう話しはできないけどね」と。

町では言えない、けど函館から来た僕らには語ってくれた。


ある人は言った。
「大間のマグロって名前では売れない日が来る。おれはそう思ってるよ。
だから、その時はおれは北海道の戸井や松前のマグロを仕入れるよ」と。

若いマグロ漁師たちは、このことをどう受け止めているのだろう。




正直なところ自分の中でも、なんとなく建設されることにも矛盾があると思うし、
それにただただ反対する事にも同じように矛盾があると思うし、単純な答えは見えてこない。

今日、単純なことだ!と思った事は、明日には単純とは思えなくなっている、そんな日々。



甘い汁を吸ってる人以外のほとんどの人は、原発なんか建たなきゃ建たない方がいいって思ってる。
(たぶん。)


でも、みんなどこかで矛盾にぶちあたり、声に出す事をやめ、話題になることもなくなり、
なんとなく、なんとなく原発の建設は進んでいっている。


単純なものは、簡単に人から人に伝わるけど、
忍耐を持って、
矛盾ひとつひとつに、無理矢理答えを出さずに見つめ続けることは簡単じゃないし、

単純でないものは、なかなか伝わらない。



なんだかな、となる。



いつの日か、もっともっと多くの人と
エゴだけに寄らずに(できたら明るい顔で!)
これからのことを、語らえる日が来ればいいなと思い、また向き合い続ける。


結局最後は
「また、春になったら大間に行こう。」


そう思った大間旅でした。
(何度行っても、旅人でしかないのだよな。)


e0190058_1743214.jpg



雑文ですみません。
この辺で。


92
[PR]
by pazarbazar | 2013-02-23 17:53 | Comments(0)

3/10 映画「普通の生活」上映会



日時: 2013年3月10日(日) 1,10:00~ 2,12:30~ 3,15:00~
会場: 国立函館視力障害センター
チケット: 一般 800円(当日1,000円) 高校生以下 無料
主催: 北海道ユニバーサル上映映画祭実行委員会
ご連絡先: 函館保健企画内 橋本 電話0138-31-0010

e0190058_91563.jpg

e0190058_9151785.jpg


これは是非観に行きたいです。

92
[PR]
by pazarbazar | 2013-02-23 09:18 | Comments(0)

『あやさんのムビラワークvol.2』

e0190058_20275441.png

[PR]
by pazarbazar | 2013-02-20 20:29 | Comments(0)

2/28-3/31の営業について。

こんにちは。

2/28(木)〜3/31(日)は、
金曜日・土曜日・満月新月を除いて
昼のみの営業(12:00-15:00 L.O14:30)となります。

3/1(金)・3/2(土)
3/8(金)・3/9(土)・3/12(火/新月)
3/15(金)3/16(土)
3/22(金)・3/23(土)
3/29(金)・3/30(土)
が夜営業(18:00-21:00 L.O20:30)もある日です。

※3/27(水)は満月ですが、定休日のためお休みです。


4/1(月)より通常営業に戻ります。
ご迷惑をおかけ致します。
坂道が凍って滑りやすくなっておりますので、ご来店の際はお気をつけ下さい。


92

e0190058_15371030.jpg

[PR]
by pazarbazar | 2013-02-14 15:38 | Comments(0)

海でつながる「おおま」と「はこだて」

e0190058_1727123.png


必要以上に不安になることでもないし、
必要以上に怖がらせることでもないし、
必要以上に悩むことでもない。

ただ、必要以上に関心を持つべきことだと思う。

ぼくのことであり、きみのことだから。


有志で運営しています。

もっと、親しみの持てるサイトになるよう改善していきますので、
お付き合い宜しくお願い致します。

傷つけ合いたくて作ったものではありません。
もっと、一緒に考えたい。
それだけです。

多くの方と共有できることを願っています。

http://ooma-dounan.org/


92
[PR]
by pazarbazar | 2013-02-12 17:35 | Comments(0)

2/10sun 新月営業。

e0190058_1643262.jpg


明日の2/10日曜日は、新月。
NEW MOON。

旧暦の新年。
NEW YEAR。


新月のお月さまカレー営業
12:00-15:00(L.O14:30)
18:00-23:00(L.O22:30)

これからカレーの準備します!

92
[PR]
by pazarbazar | 2013-02-09 16:08 | Comments(0)

3.11から1000枚になりました。

e0190058_1225568.jpg


「3.11から 私たちも 生活を 見直そう 変えて行こう
 何から できるかな 何なら できるかな?
 布ナプキンが たくさん できたら 自分も 使うし
 プレゼントにも できるし 販売もして
 資金が たまったら 被災地へ ありがとう ツアーを しよう」



手ぬいで布ナプキンを作ろうと、3.11から毎月11日に
森町のアルボルの茶の間に集まってチクチクしてきたものが、
色とりどりで1000枚になったので、展示しよう!という展示会が
「東京東中野」と「函館まちづくりセンター」であります。
当店でも昨年出張teteをしてもらったり、月立祭でもワークショップしてもらいました。


是非、観に行ってみて下さいね。
何か感じる事があるかもしれません。

92


■函館■
日時■
2011年3月3日(日)
am10:00-pm17:00
場所■
函館地域交流まちづくりセンター1F
函館市末広町4-19
各311円■
てぬぷきんワークショップ
てぬぷきんキット
お茶とお菓子

■東京 東中野■
日時■2013年3月9日(土)
am11:30-pm18:00
場所■
Space&Cafe ポレポレ坐
東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル1F
各311円■
てぬぷきんワークショップ
てぬぷきんキット
手ぬい布ナプキン

※本会の収益は経費を除き震災募金に寄付します。


******************

臭くて汚いものだと一刻も早く手から離してポイと捨てていた。

「簡単」や「便利」と「エコ」や「手間」ものの価値のわかる「計り」を
心の中に常に持っていたいと思った。

高度成長期の恩恵にも与り、生活のどの部分を取っても便利になっていった。
生理用ナプキンも同じ、分厚いナプキンは薄くなり、漏れにくくコンパクトになった。

生理の日が「不幸な日」じゃなくなるのはうれしい。

「汚れたら捨てる」が当たり前になって、何の疑問も持たず、
便利になることは良いことのように思っていた。

自分の体の中でしっかり仕事してリズムを作ってくれているものなんだ。

正直驚いた。時代に逆行するようなもの そして「穢れ」たものに触れる事に。

そうだ、布でナプキンを縫ってみよう、これからの女性がものの価値を選べるように、
選択の余地があるようにと、肌にやさしい使い古した木綿や絹を使おう。

自分の体から出て行くものに感謝の思いが芽生えた。

「布ナプキン」。
そういえば記憶の隅に残ってた言葉だった。

使い捨て紙ナプキンも使用し必要に応じてそれぞれ両方を使い分けしている。

「キレイ」と「キタナイ」の境界やものの本当の正しい価値について考えた。

ナプキンを使い捨てずに手洗いする度に自分の体が愛おしくなった。


「母と娘と・・・」tete since2011

お問い合わせ
<teteの会>テヂカラバクハツプロジェクト
田中はる枝
arbol@mbg.nifty.com
http://arbol.cocolog.nifty.com

e0190058_12153377.jpg

[PR]
by pazarbazar | 2013-02-02 12:18 | Comments(0)