<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

まだまだこれから。

五度の被爆を越えてもまだ原子力に頼る社会は変わらない。
(広島・長崎・第五福竜丸・JOC臨界事故・福島原発事故)


人にどんなに伝えようと思っても
相手が自ら気づかなければ、何も変わったことにはならない。


伝わっていたとしても、きっとそれをどう自分の生き方に反映させてよいのかわからないから
広がってるのかどうか、感じられない。


デモに参加するのは怖い、一票を託す政党がない、考える暇がない。

保守的な考え、社会の立場、ぎりぎりの生活、なんとなくな毎日。

あるようで、ない危機感。


立場や気遣いや忙しさばっかりで構築された誰の本音も見当たらないグラグラの積み木に
乗っかって、大きな声で脱原発って叫んだってなんにも変わりやしない。


本音の無い社会なんて、何の価値も無いただの箱。
中身の無い脱原発なんて、何の意味も無いただの箱。


基本となる「生きる」とか「食べる」とか「育てる」とかって
夢見る未来の話しがないままに
「経済」や「世界情勢」や「税金」や「株価」や「原発」が語られ
自分の意見が正しいとか、ほんの少し先の将来がどうだとか、そんなことばかり。


それらに右往左往して、それでも必死に今ある、かつてあった
「豊かさ」を保守するので精一杯。


社会で生きるってことはそういうものだ。


「なんで?」


こんな生きてるって実感の無さが、みんなの望み?


未来が暗い。なんか変だな? 「でも、がんばろう。」
「そうするしかないでしょ。」 あきらめ。


「なんで?」


未来が見えないという意味で崩壊しているニホンっていうシステムの中で
だれかが作ったレールじゃなくて、自分たちが生きるこれからの
「生き方」とか「姿勢」というものを一から考え、語り尽くしたのだろうか。


小さな家族も、小さな会社も、小さな地域も、小さな島国も、

波打つ景気やら世界情勢ごときに流されて成す術の無いこれからでいいんだろうか。



新しい生き方や価値観を見つけていかなければ僕たちは生きてゆけない。きっと。


もう誰も景気良好=幸せハッピーな日々の訪れ、なんて
そんな単純なストーリーなんか信じちゃいない。

だから、もっとなにが必要で、何を大切にして、何を豊かさと感じるか
見つめ直す。

それだけが僕らの未来。



まだまだ、できることはある。



今日より、明日がいい日であるために。


92



P.S
つい先日、ある企画のお話を持って市長に友人達とともに会って来た。
市長は、地元の声だけじゃ、変わらない。
世界が変わらなきゃ。と。
市長、世界へ届ける役はお任せします。
僕らは、なお、地元で強く叫びます。
ともに目指しましょう。
素晴らしき未来のために!


[PR]
by pazarbazar | 2013-01-28 23:45 | Comments(0)

1/27満月は夜営業のみとなります。

1/27 13:38満月。
次の新月は、旧暦の新年。
今回の満月は旧暦では今年最後のとなりますね。

1/27(日)満月営業。
今回は夜のみの営業となります。

18:00-23:00(L.O22:30)


今回のカレーは、
「北斗市おぐに牧場の牛すじ肉と根菜のカレー」です。
(いつもの「ヒヨコ豆と野菜いっぱいカレー」はお休みします。)
酵素玄米ごはんと季節のサラダ付きです。

おつまみで、
カレーパフ(マレー半島的サモサ)も作る予定です。


日曜の夜ですが、良かったら遊びに来てください。

カレーは完売しなかった場合、翌日もありますので電話などでご確認下さい。

お待ちしてます〜。

92

e0190058_16551643.jpg

木古内町の180年以上の歴史ある「寒中みそぎ祭り」を観に行き、
町の愛すべきキャラクター「キーコ」をパチり。
(山本寛斎スーパースタジオと町が生みの親)
[PR]
by pazarbazar | 2013-01-25 17:10 | Comments(2)

心にスッと届くもの。

こんばんは。久々の嫁日記です。


わたしはよく、ラジオを聴くのですが、

先日、またラジオをつけたら、

佐野元春さんがDJをしている、モトハルレディオショーが再放送されていた。

今の若い人は洋楽離れしているらしいとのことで、

「もっと音楽を聴こう」というテーマで、最近の洋楽を特集している。

近ごろは、海外でもインディーズではなくメジャーデビューで、

かなり実力のあるアーティストが続々出ているとのこと。


その一人として、Adele(アデル)という女性シンガーが取り上げられていた。

イギリス出身の女性シンガーで、なんと24歳という若さなんだけど、

ラジオ越しに聞いたその声は、はるかに年齢を超えている。

ルックスやスタイルを売りにするタイプではな決して無い。という所にも興味が沸いたし、

貫禄のあるドッシリ感で、思わず聞き入ってしまった。


そして、すごいのは、そのCDの売れ方。

2010年に発売したsome one like youという曲が未だに売れ続けてるというし、

アルバムも2011年1月にリリースしたセカンドアルバム『21』が、
19カ国で1位を獲得し、年末には売り上げが1,700万枚を超え(21世紀に発売されたアルバムとして3作目)。
全米ビルボードアルバムチャートにて発売以来39週連続でトップ5位以内を記録。
マイケル・ジャクソンが持っていた38週連続トップ5の記録を抜いて歴代1位になるという記録を樹立したほか、3つのギネス記録に認定されるなど、次々と快挙を達成。母国イギリスでの売り上げは400万枚を超え、国内歴代セールスは6位となっている。(wikipediaより引用)


と、とにかく売れに売れまくっているという。


この売れに売れている理由として、

「普通に働き、家に帰ってビールを飲みながら野球を観るのが楽しみなサラリーマンや、

 音楽なんて日常で全然興味の無い人、

 家事や育児に追われていて音楽から遠ざかってしまった人等、

 ごく一般のひとたちに、この音楽が届いているのではないだろうか。」と解説されていた。





それが、いかに凄いことか…

そして、いかに難しいことか…


その人と、その音楽や、映画がガチっとフィットしたとき、

自分には成し得ない、大きな力がそこには働く。

だからこそ、音楽や、映画の持つ、その力を信じたい。





車のなかで、このAdeleの曲を聴いていたら、

頭の中で、そんなことを考えていた。


[PR]
by pazarbazar | 2013-01-23 22:34 | Comments(3)

歌手 加藤登紀子さんと詩人 アーサービナードさんを迎えて

2月7日(木)に歌手 加藤登紀子さんと詩人 アーサービナードさんをお迎えして
市民会館小ホールにて「大間原発のことを一緒に考えてみませんか?」という
フォーラムが開かれます。
道南在住者によるパネルディスカッション「大間原発問題と私たもの暮らし一生き方!!」を
含め盛り沢山の内容です。

是非お時間ある方はご参加下さい。

92










フォーラム
『どうする大間原発? プルトニウムと暮らせる?』
     ~ ゲスト 歌手・加藤登紀子さんを迎えて ~

津軽海峡をはさんで函館市の対岸の大間町に建設中の大間原発は
プルトニウムとウランを燃やす世界初の原子力発電所で、その危険性が指摘されています。

大間町と函館市は最短距離で18Km。

函館市は今、大間原発建設の無期限凍結を求め、補正予算(大間原発訴訟準備経費)を
成立させて訴訟を準備しています。

福島では原発事故の後、今も約16万人が県内外に避難し、
放射線管理区域内に100万人に及ぶ方々がやむを得ず暮らし、そして子どもを育てています。
原発で事故が起きたらどのような悲劇が起こるのか、福島の現実は今もなお教えてくれています。
あの事故から二年を迎えようとしている今、改めてわたしたちの、
そして子どもたちの未来 のために「大間原発」のことをご一緒に考えてみませんか。


                   記

期日: 2013 年2 月7 日(木) 1 8 :3 0 ~ 2 0 :3 0 (開場1 8 :1 0 )
会場: 函館市民会館小ホール
参加料:一般1 0 0 0 円(前売券8 0 0 円) ☆大学生以下無料

第1 部  ゲストトークⅠ「『平和利用』な~んちゃって!」 詩人 アーサー・ビーナードさん

第2 部  パネルディスカッション 「大間原発問題と私たもの暮らし一生き方!!」
     パネリスト     山田あゆみさん(七飯町・山田農場)
               横川由紀さん(自立の風かんばす)
               梶原健司さん(梶原昆布店)・韮塚凌平さん(函館ラ・サール高校)
     コーディネーター  北海道教育大学教授 田中邦明さん

第3 部  ゲストトークⅡ  歌手・加藤登紀子さん


主催 大間原発を止める市民実行委員会 http://ameblo.jp/ooma/
   080-5590-4117 (高橋) e-mail: is@msb.ncv.ne.jp

協力 函館YWCA、大間原発訴訟の会、南北海道自然エネルギープロジェクト、
   函館「下北」から核を考える会

後援 函館商工会議所、北海道中小企業家同友会函館支部、新函館農業協同組合、
   北海道新聞函館支社、朝日新聞函館市曲、函館新聞社、毎日新聞函館支局、
   NCVニューメディア函館センター

【前売り券発売】 (当日は混雑が予想されます。できるだけ前売り券をお求めください)
 地域交流まちづくりセンターDRIPDROP( 090-1308-8235)
 函館YWCA(0138-51-5262)
 I's hair  west末広町(0138-22-7017)
 GREAM梁川町(0138-52-5071)
 ほかI's 各店
 こなひき小屋(七飯町0138-65-8513)


【アーサー・ビナード】
詩人。1967年、米国ミシガン州生まれ。コルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、『日本語ぽこりぽこり』(小学館)で講談社エッセイ賞、『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞を受賞。エッセイ集に『日々の非常口』(新潮文庫)、絵本に『さがしています』(童心社)、対談集には原発の本質を小森陽一氏と共に掘り下げる『泥沼はどこだ』(かもがわ出版)がある。2012年に広島文化賞を受賞。文化放送と青森放送でラジオパーソナリティーもつとめる。

【加藤登紀子】
歌手。1966年「赤い風船」でレコード大賞新人賞、その後「ひとり寝の子守歌」「知床旅情」でレコード大賞歌唱賞を受賞。以後、70枚以上のアルバムと「百万本のバラ」などのヒット曲を世に送り出している。また、俳優としても函館ロケで製作された『居酒屋兆治』に出演。地球環境問題にも取り組み、世界で活躍すると共に、国内でも「鴨川自然王国」を拠点に循環型社会の実現に向けて活動している。2011年東日本大震災後、度々被災地を訪れ避難所でもライブを行っている。また、福島の子どもたちの健康を守るための活動支援を行う一方、福島の街のことを歌った「神隠しされた街」という曲も発表。
最近のアルバムには『命結ーぬちゆい』『ふくしま・うた語り』『風歌ーKAZEUTA』がある。著書には「スマ イル・レボリューション」(2011白水社刊)、「対談集ー命を結ぶ」(2012中央法規出版)などがある。
[PR]
by pazarbazar | 2013-01-21 12:14 | Comments(0)

ムビラ再び!

e0190058_23235494.jpg


昨年まで7年連続訪れてくれていた、ムビラの伝道師くまさん。
瀬戸内の島でご夫婦でゲストハウスを開く予定で、
もう函館には来てもらえない…、くまさんのワークがきっかけではじめたムビラ演奏。


どうしたら…と思っていたら!?


くまさんの愛弟子である札幌のあやさんから連絡が。


「函館でワークをやりたいのですが!」

ムビラファンのみなさんに朗報です。


あのくまさんも認めるあやさん。
そういえば、くまさんも昨年のラストツアーの際に
「あやさんはクシャウラもクチニラもできますから、是非教わってください!」と。


あやさんは、師匠のくまさんにムビラを習いながらジンバブエも訪れ、
札幌では、同じくムビラ奏者のakiさんとユニット「ニャマパンダ」として活動したり
「なまらdeムビラ」のメンバーとして札幌のムビラ仲間と演奏したりしています。
アフリカンパーカションユニット「パーカッションユナイツ」のメンバーとして道南で
演奏したこともあります。


会場は、くまさんワークでお馴染み鍛冶町のネハナさんで!!


経験者も未経験者もOKとのこと。


今後も定期的にあやさんは函館に来てくれる可能性大なので、ムビラ上達のチャンスですよ。



是非お待ちしてます!


92


『あやさんのムビラワーク』
日時:2/13(水)19:00〜
会場:ごはん家ネハナ(鍛冶2-25-8/tel31-3231)
参加費:1500円+ワンオーダー制
※ムビラをお持ちの方は持参で。無い方は2台まであやさんが持っています。
予約:pazarbazar@kje.biglobe.ne.jp
0138-83-8606(トルコ喫茶Pazarbazar)




ジンバブエのミュージシャンによる「マホロロ」演奏♪


チウォニーソ素敵!


あやさんの師匠くまさんの一人演奏。勉強になります。

[PR]
by pazarbazar | 2013-01-17 23:26 | Comments(0)

『高橋 研&近藤 智洋LIVE』

e0190058_19255483.jpg

『無限会社 荒地音楽出版』を今年もみなさま宜しくお願い致します!
(略称とかないんですよね?みんななんと呼んでるのだろう。)

昨年11月に根崎町のcafe+B&B「ククム」さんで行われた近藤智洋LIVE。
残念ながら、僕は参加できませんでしたが
ククムさんのおいしいご飯に、美しい海景色、時を忘れる温かな空間美。
そこで鼓動のように鳴り響いた近藤さんのギター、ピアノ、歌声。

前回味わえなかった人は是非、今回一緒に味わいましょう。

今回は、ツーマン。
高橋研さんもはじめて味わうには最高の舞台。

さぁ、2.6はククムへ!


92


『高橋 研&近藤 智洋』

【日時】 2013.2.6(wed)
【会場】 函館 cafe+B&B「ククム」
     函館市根崎町428-1
     ℡0138-57-8228
【時間】 open18:00/start19:00
【ticket】 ¥3,000(+1 drink¥500)

*会場の「ククム」は分かりづらい場所にあるので、HPで場所を確認して下さい。
cafe+B&B「ククム」

*チケットメール予約:pan-farm@nifty.com (要名前・枚数・連絡先)

【information】 panの森(無限会社 荒地音楽出版)
         高橋 研 official web site
         近藤 智洋 official web site

お二人のプロフィール他詳細情報は、panの森NEWSにて。
[PR]
by pazarbazar | 2013-01-17 19:34 | Comments(0)

1/12新月営業DAY

1/12 4:43に新月となりました。
新たな月の始まりです。

今日は新月営業。
12:00-15:00(L.O14:30)
18:00-23:00(L.O22:30)
となります。

お月さまカレーと酵素玄米をご用意してお待ちしております。


-------------------------


お正月の休みに
イランの映画「ペルシャ猫を誰も知らない」をDVDで観ました。
クルド人の監督が撮ったテヘランが舞台の現代の音楽青春ムービー。
イランの実在のミュージシャンもたくさん出てきます。
イランもいつか訪れたいな〜。


主人公の男の子が好きなミュージシャンはアイスランドのシガーロスとか。

このアイスランドが舞台の動画大好きです。
冬に聴くにはぴったり。


というわけで、お待ちしてます〜。


92

e0190058_917529.jpg

[PR]
by pazarbazar | 2013-01-12 09:18 | Comments(0)

「二人のはこだて昔話会」at オールドミス菊

e0190058_9365069.jpg


いつも昔の話をいま目の前で起こってるかのように語ってくれる
お話し好きのお肉屋の『すーさん』。元気過ぎる70歳!!
すーさんは、昔の遊びや歌、函館の街のことを嬉しそうに、時には涙しながら語ってくれる。

大好きな函館、昔の西部地区のことを少女の目線で語ってくれたり、
昔居た色々な人々のたくさんの楽しいエピソードを話してくれる
おしるこ屋さんの『きくさん』。

函館大好きなふたりの会話をこっそり『おしるこ』でも食べながら聞きたい〜。
という企画を考えました!

「二人のはこだて昔話会」 at オールドミス菊
日時:1/16(水曜日)18:00OPEN /18:30START
会場:オールドミス菊(元町24-7/0138-26-7075)
会費:800yen(菊さんのおしること珈琲のset付き)
※この日はPazarBazarは定休日なので駐車場停めれます。

☆ご希望の方には、お食事用でPazarBazarのラップサンドを出前致します。
 1/15までにメールかお電話下さい。


話し好きのふたりだから、
どちらかの話しがきっかけで、新たな話がどんどん引き出され…と。

楽しみ〜。

ご予約・お問い合わせは当店まで!
お待ちしてます。
 Mail: pazarbazar@kje.biglobe.ne.jp
 TEL: 0138-83-8606

92


今年も宜しくお願い致します!
e0190058_210431.jpg

[PR]
by pazarbazar | 2013-01-07 21:01 | Comments(2)