<< フロム ジンバブエ。 店舗お休みのお知らせ。 >>

わたらin函館八幡宮 〜アジアの祈り〜

e0190058_13335320.jpg


わたら in 函館八幡宮

・日時 2016年7月9日(土)開場18:00 / 開演19:00
・場所 函館八幡宮 函館市谷地頭 2-5
・チケット 前売り 3000 円 / 当日 3500 円
(お着物 or 浴衣をお召しの方は 500 円分の飲食交換チケット付)
・駐車場 あり
・託児 あり(1人 350 円 / 要予約 /〆切 7 月6日(水)
・イベントは野外で開催予定です。蚊除け対策など各自でお願い致します。
雨天時は函館八幡宮敷地内にある氏子会館にて開催。
・出店予定 ククム パザールバザール 他
・函館八幡宮 facebook ページにも詳細が載っております。

・すべてのご予約 / お問い合わせわたら in 函館八幡宮 Facebook ページ
又は、tomooooooon@hotmail.co.jp
090-1643-0153(エポン舎)まで。

主催者からの紹介

わたらpv


e0190058_14190641.jpg

ワークショップ内容
日時7月 6 日(水)/ 会場 氏子会館 / 各 2000 円

●『日本の笛ワークショップ』
立石雷
10:00-12:00
笛の基本講座初心者から経験者まで。
子供からお年寄りまで。 幅広い層対象に行えます。
姿勢、持ち方、音の出し方を丁寧に伝えます。
具体的には笛の基本である。
1. 呼吸法2. 口の形3. 指の動き
と 3 段階に分けて進めていきます。
ws の時間は 1 時間から 2 時間。
音が順調に出れば簡単な曲まで行きます。
WS で使う笛はこちらで貸し出します。

●『韓国太鼓のリズムを、手拍子 & 足拍子で遊ぶ』
チェ ジェチョル
13:00-15:00
韓国 & 朝鮮半島に伝わる祭り囃子のリズムがあります。
田んぼ仕事を助ける農楽に始まって、
土地や先祖の神様を祈る祭礼音楽、
尊い王様に捧げる宮中音楽など。
人の生活の中で、 色んな場面で使われるチャング ( 韓国太鼓 )
やカラッ ( リズム ) は、自然の周期を基にしています。
1 年 12 ヶ月を、春夏秋冬の四季で感じてみたり、
1 ヶ月や、1 日、1 時間で感じてみたり。
流れる時間のサイクルを、 合わせたり、
ずらしたり、整えてたり、離したりしながらリズムを叩いて遊びます。
このワークショップでは、手拍子や足拍子を使って、
カラダを楽に使いながら韓国リズムを体感して行きます。
手を打ちながら、自然と時間の流れを、
全身で感じ取って貰えたら嬉しいです。

●『風とおどるカラダ』
富木えり花
16:00-18:00
チベットでは身体の中に流れている風のことを〜ルン〜と言い、
インドでは〜ナディ〜と表現されます。
ゆったりとしたヨガのメソッドを通して自分の呼吸や内面を見つめ、
感性•感覚を繊細に起こしてゆきます。
そうすることで、自分の身体の中に流れている風の流れ、
気の流れを感じ、力を抜いて任せてゆくと知らずと
自分のためのダンスが生まれてゆきます。
この緩んだ身体で『舞う』という動作を体験してゆきます。
全く踊ったことがない方でもご参加していただける内容です。
ゆるゆるとカラダと心地よい時間を過ごしましょう。


e0190058_12403035.jpg


多民族芸能楽団 わたら

​かつて 渡り来たもの
やがて 渡り行くもの
信仰のふるさとチベットの祈りの唄と遊牧民の駆ける二胡。
悠久のシルクロードを旅する踊り子。
韓国の農楽と躍動するチャンゴのリズム。
そして日本の魂の響き和太鼓。祭囃子を飾る笛の音。

時を越えて愛されてきたアジアの民族音楽や踊りたちが
舞台の上で長い旅の記憶を語りあい、混ざりあい、笑いあう。
その先がどれだけ遠い道のりになろうとも。渡ってゆきなさい。この世界を。

テンジン クンサン /Tenzin kunsang 〈チベット伝統楽器奏者〉
チベット伝統音楽を学び、ダムニエン、バンスリ、打楽器など習得。
伝統曲だけにとどまらず、オリジナルの楽曲も演奏する。
チベットに伝わる物語をオペラで表現したり、チベタンダンスなども得意とする。
チベット高原に響き渡るような歌声は聴く人の魂を揺さぶる。 ​
e0190058_13340189.jpg


チェ ジェチョル/崔 在哲 〈韓国太鼓奏者〉
ソルチャング(韓国太鼓の独奏)の演奏を軸にして、伝統音楽、
現代音楽の垣根を越えて様々な場面で活躍中。
仙波清彦&カルガモーズ、琴鼓'n管(キンコンカン)に所属。
2009年より日本と韓国の文化に触れる旅「Chango Walk」を始める。
「歩く生活、歩くリズム」を求めて、東京~京都(2009)、
京都~博多(2010)、東京~韓国「星州」(2015)までの道のりを
太鼓を叩いて歩き進んだ。
http://choijaechol.wix.com/changowalk

立石 雷 〈篠笛 能管 和太鼓奏者〉
滋賀県高島市出身。小学5年生からドラムを始める。
高校生時代メキシコに留学。
2011年、佐渡を拠点に世界で活動する太鼓芸能集団「鼓童」に入団。
篠笛を太鼓芸能集団「鼓童」名誉団員、山口幹文氏に師事。
2013年には人間国宝坂東玉三郎主演舞台「アマテラス」で共演。
日本、海外で多くの公演に参加した。
2015年、鼓童から独立し、姉と「stands」というユニットを結成。
音楽活動、古民家を利用したイベント企画、
移動式音楽祭YAMAJAM主催と多岐に渡り活動中。

富木 えり花 〈ダンサー〉
学生時代に身体表現に興味を持ちストリート•コンテンポラリー•
アフリカンダンスなど様々なジャンルのダンスを経験してゆくうちに
ダンスとアニミズム•シャーマ二ズムの関係に深く惹かれ、
世界の伝統的な民族舞踊に出会うためアジア•ハワイ•中東へ旅に出る。
2009年パリ・シャトレでのエキシビジョンを皮切りにソロダンサー
としての活動をスタート。
京都•松尾大社、滋賀・佐佐貴神社、兵庫・斑鳩寺など神社仏閣での
奉納演舞や、様々なアーティストと共に海外ツアーを巡る。
全米ヨガアライランス認定講師。

[PR]
by pazarbazar | 2016-06-30 14:19 | Comments(0)
<< フロム ジンバブエ。 店舗お休みのお知らせ。 >>